はじめての方へ

  • 太陽製薬ヘルスケア
  • マニール会員&メルマガ登録
マニール(Manier)のお手入れ動画

マニール(Manier)についてもっと知りたい

  • マニール(Manier)の世界初の独自技術
  • マニール(Manier)の天然アロマの香り
  • マニール(Manier)のご愛用者の声
  • マニール(Manier)のお友達紹介
トップ > 美肌コラム一覧 > 化粧品の使用量
化粧品の使用量 150秒の簡単お手入れ
その使用量は本当に正しい?「お肌に必要な化粧品の使用量とは?」
お肌に必要な化粧品の使用量とは?

化粧品には、必ずと言っていいほど使用量という記載があります。
なぜ?と思われる方も多いのではないでしょうか。

実は、使用量とは化粧品を開発するにあたり、
お肌の状態(皮膚メカニズム)を計算して、 ベストな状態で
お肌のすみずみまで潤いと効果を届けるために必要なものなのです。

「ベタつきが気になるから使用量を少なめにしている」という方がいると思いますが、使用量が少ないとお肌がベストな状態を保つことが出来ません。
それはお肌の水分が不足するからです。

水分が不足すると、余計な皮脂分泌を増加させ“ベタつき”は解消せず
①お肌が乾燥し、表面のキメが乱れる
②毛穴が目立ちはじめる
③透明感が失われる
(右図参照)

という悪循環に陥ります。

お肌表面の水分と油分のバランスは、
適量を使用してこそトラブルのない肌への近道であり、
美肌を保つ秘訣とも言えるのです。

検証:使用量が少ないと肌の状況はどうなるのか?
  使用量が不足 使用量が適量
キメが崩れる
キメが浅く乾燥してしまう
キメが美しく整っている
毛穴が目立つ
乾燥を繰り返し、毛穴が開いた状態
乾燥せず、毛穴も目立たない
透明感が失われる
乾燥して肌に水分が不足し、
透明感が失われる
潤いに満ち溢れて
透明感がある

※導入化粧液のご使用時に、肌表面に残る感じがする方は、何回かに分けて使う事をおススメします。
肌の乾燥が気になる時や、浸透が悪いと思う時は、いっぺんにのせてもなかなかなじみにくい為、何回かにわけ少量ずつ使うと効果的です。

たった150秒のお手入れステップ

マニールのお問い合わせ

お電話・FAXでのご注文も承っております。

お電話でのご注文 0120-664-026 FAXでのご注文 0120-026-771